ダイエットのためのトレーニングマニュアル

Uncategorized

この記事で全て解決

『ジムに通っているけど痩せない』

『ダイエットの成果が出ないからモチベーションが下がる』

『そもそも痩せるために運動した方がいいの?』

このようなお悩みをパーソナルだと成果に対して効率が良いです。

是非最後までご覧ください!

ダイエットでトレーニングの効果が出るまでの期間

人間は『いつまでに?』というような期限が決まっていないと中々行動できない生き物です。

ダイエットでも同じで『いつまでに痩せる』という目標も大事です。

ただ、効果が出るまでの期間がわかってないとそれを立てることは不可能かと思いますので項目別で効果までの期間を紹介します。

体重の変化

1ヶ月で約5kg〜8kgほど痩せることは可能。

※エビデンス的には体重の5〜10%を推奨

60kgの場合、3〜6kg/月

体脂肪率

1ヶ月で3〜5%減少できればかなり良い方

※1ヶ月目よりも2ヶ月など長期になってくるとしっかり落ちやすい。

見た目

1ヶ月でかなり見た目を変えることは可能!!

他人(ひと)から『痩せたね』と言われるには1ヶ月でも可能!

上記のように1ヶ月でもトレーニングと食事管理を徹底することで1ヶ月でもかなりの変化を出すことが可能

パーソナルジム SOLでは『体重を気にしている』というお客様には体重の減少を目指してサポートしますが、過度な食事制限で筋肉量を落としたり、体調を崩して欲しくないので、そこはお客様の目標とその期限に合った形でプロとして提案させていただきます。

最終ゴールには必ず導きますので安心して通ってください。

ダイエットでトレーニングをやる理由

ダイエットでトレーニングを行う理由は主に2つあります。

筋肉量、基礎代謝を上げつつ痩せられる

トレーニングを行うメリットの一つとして『筋肉量の増加』がありますが、正にそちらがダイエットでも必要です。

筋肉量が増加すれば、基礎代謝が上がり『痩せやすい身体』に近づくことが出来ます。また基礎代謝が上がったダイエットを行えばリバウンド防止にもなるため」トレーニングは必要と言えます。

過食防止など、食事のコントロールがしやすくなる

トレーニング、運動を行うことで食事面でもメリットがあります。

理由としてトレーニングを行うと『グレリン』という[食欲を増進させるホルモン]を制御することが出来ます!

その結果ダイエットのためにふさわしい食事管理が可能となります。

また、運動を行うと脳の理性的な部分である『大脳新皮質』を活性でき『今この食事はふさわしくない』と判断しやすくなります。

ジムでのダイエットメニューとして大事なことを先ずはお伝えします。

前提としてジムでのトレーニングの場合

『最低週1〜2回』は行った方が良いです!

・大きな筋肉を正しいフォーム、重さ

・回数は多めにトレーニング

・ランニングマシンだけで終わらない

特に大事なのはこちらです。

[大きな筋肉とそのトレーニング]

・大胸筋(胸) ベンチプレス、ダンベルプレス

・広背筋(背中) ラットプルダウン、ワンハンドローイング

・三角筋 (肩) ショルダープレス、サイドレイズ

・大膸四頭筋 (前もも)スクワット、ランジ

・ハムストリング(裏もも) ルーマニアンデットリフト、ヒップリフト

・大臀筋 (お尻) スクワット、ヒップスラスト

全ての種目を解説したいですが、かなり多くなってしますので是非名前で調べて見てください!

重さは軽いものでは動かしているだけになるのでしっかりとしたフォームで出来るギリギリの重さでやって見ましょう!

回数は多めにトレーニング

5回のトレーニングと15回のトレーニングでは、15回のトレーニングの方が消費カロリーは多いです。

回数は10〜20回を基本として行ってみましょう。

ランニングマシンだけで終わらせない

ダイエットの方の多くは、ランニングマシンやバイクを行って帰る

マシンが難しい、やり方を聞くのが恥ずかしいという気持ち半分、痩せるには有酸素運動という意識が根付いてしまっていると思います。

ランニングマシン等の有酸素運動は消費カロリーが多いですが

筋肉はほとんど付かず、有酸素運動での空腹によって過食してしまう人もしばしば。

ランニングマシンのみでなくトレーニングもセットで行いましょう!

継続すれば痩せる!自宅ダイエットの2つのこと

自宅でのトレーニングでも「ジム」として紹介した部分と根本は同じです。

そのため大事な2つのことを紹介します。

前提として自宅でのトレーニングの場合、[最低週2~3回]は行った方が良いです。

・1人でやらない

・YouTubeを有効活用

よくあるダイエットの間違いを解説

・有酸素運動しか行わない

・毎回同じ重さ、回数

・一回の頑張りよりもコツコツの頑張り

やっぱり◯◯は必要不可欠 【まとめ】

ダイエットに向けてのトレーニングについてお話しましたかがでしたか?

最後に。。。

いくらトレーニングを行っても『食事』は必要不可欠です。

ダイエットの成功の法則は『正しい食事×正しいトレーニング』です。